本文へスキップ

一般社団法人日本ヒューマン
スキル教育推進協会 
Human skills education

傾聴とは?聞くと聴くの違い Active listening

傾聴とは? 聞くと聴くの違い 一般社団法人日本ヒューマンスキル教育推進協会

傾聴とは

相手の話を聞いていますか?聴いていますか?


皆さんは「聞く」と「聴く」

この二つの漢字・言葉の意味の違いをご存知でしょうか?

同じ読み方で、同じ意味のような気もするし、特に気にしたことなかったかもしれません。

メールや文章中などでも意識せずにどちらかを使っている方もいるかもしれませんね。


「聞く」は、

意識してきこうとしていなくても自然と耳に入ってくる状態や、周りの雑音などがきこえている状態も含みます。

「聴く」は、

意識や注意を特定の相手に向けて話をきく状態、を表しています。


こうして書いて比べてみると、同じ「きく」でも意味合いが異なっているのがよくわかりますね。


もっとわかりやすくするために、ご自分が誰かと話しているところを思い浮かべてみてください。


自分の話がただ聞こえている状態の相手と(聞いてくれている)、

しっかりと自分に意識を集中して聴いている状態の相手(聴いてくれている)、


あなたはどちらの人に好感や安心感をもつでしょうか。


少し想像してみただけでもわかるように、後者の「聴いてくれている人」の方が、

自分の話に関心をもってくれているな、ということが伝わってきて安心できるのではないでしょうか。



最近、普通に生活している中で、「傾聴」という言葉を以前よりも耳にするようになった気がします。

傾聴には、先ほどの「聴く」という言葉が含まれていますね。


傾聴とは

「相手の話にしっかりと耳を傾けて聴く」

「相手の心の声に耳を傾けて聴く」

という意味合いになります。



多くの人の間で、聴く、というきき方が大切であるという浸透しつつあるのかもしれません。


現在、社会問題として学校や職場でのいじめやパワーハラスメント、新入社員が会社をすぐに辞めてしまう、など様々なことがあります。

一人一人の話を「聴く」という姿勢で周囲の人と関わるようお互いに心がけることで、こういった問題に早く気付け対応ができたり、未然に防ぐこともしやすくなると思います。


まずは、普段のコミュニケーションから、「聴く」こと、「傾聴」を意識してみてください。



一般社団法人日本ヒューマンスキル教育推進協会


傾聴セラピスト養成講座

心の声に耳を傾けるとは?傾聴・カウンセリングの技術

忙しい時の接客・窓口対応

ストレス解消の鍵 カタルシスとは?

自己肯定感を高めるには

カウンセリング・傾聴スキル勉強会

カウンセリングのご案内

一般社団法人日本ヒューマン
スキル教育推進協会